訪問介護 調理

訪問介護 調理

「ラーキャリ」で介護食プランナー資格を取得する!

高齢になると、飲み込む力が弱くなったり、咀嚼する力が低下して食事をするのが億劫になる方もいます。 でも、美味しい食事をとることは、生きる活力になりますので、 介護食は、「食べられる食事」のことではなく、「食べたくなる食事」のことをいいます。
訪問介護 調理

訪問介護 調理 レシピ ② ヘルパーメモ

利用者様は十人十色、全部、個々に違いますので、様々なケースがあります。 訪問したらまず、体調が変わりないか確認して、その日の献立を決めます。
訪問介護 調理

訪問 介護 調理 冷蔵庫にある材料で作るレシピ

訪問介護ヘルパーからは「調理が苦手」「神経を使う」「面倒」という声があります。 じゃがいも1個あれば、きゅうり半分使ってポテトサラダができます。 じゃがいも1個あれば、豚肉30g程度、玉ねぎ半分で肉じゃがができます。
低栄養

「訪問介護」気を付けたい高齢者のタンパク質不足

タンパク質が不足すると、高齢者は筋肉が衰えフレイルに陥りやすくなる。 ・体を守る機能が低下する。 ・運動・認知機能が低下しやすくなる。 ・筋力が落ち、骨が弱くなり転倒や骨折を起こしやすくなる。
低栄養

買い物代行でわかる 高齢者 栄養不足していないの?

一人暮らし高齢者の食事は、ご飯とつくだ煮で簡単にすませてしまうことが多いようです。 バランスの悪い食事で低栄養状態が長引くと、「フレイル」・「サルコペニア」・「ロコモティブシンドローム」 と呼ばれる身体機能低下になる可能性があります。
訪問介護 調理

【訪問介護】同居家族がいる場合の生活援助(家事代行)はできるの?

同居の家族等がいる場合、生活援助(家事代行)はできません。介護保険の生活援助のどのサービスをどこまで利用できるかは、各家庭の状況によって異なるため、地域の介護保険課や介護支援専門員(担当ケアマネージャー)などに相談します。
訪問介護 調理

【訪問介護】高齢者 やわらかい 食事レシピ

高齢者施設では、軟飯(菜)食、きざみ食、ミキサー食など、その人に合わせて提供していますが、 在宅の利用者様は、義歯や歯がなくなって噛みにくいので、「軟飯(菜)食」が多いと思います。 嚥下状態を気を付けて、むせやすいなら、トロミをつけていきたいですね。
訪問介護 調理

訪問介護の調理レシピ①これだけ作れれば何とかなる!ヘルパーメモ

訪問介護の調理 訪問した日の利用者様の体調など考えて何品か作ります。 高齢者は食事の量も少ないことが多いので、食べられなくて捨てることが多くならないよう 作りすぎないようにします。
訪問介護 調理

高齢者 やわらかい 食事

歯や歯茎が弱くなって、嚥下機能も心配な状態になりますので 食べやすい食事を用意できるといいですね。
訪問介護 調理

訪問介護の家事援助・料理の人気レシピ&ヒント

訪問 介護 調理 調理は、一人暮らしの方は一人分ですよね。 みそ汁や副菜を余るほど作ってしまうと、飽きてしまうし、無駄になります。 工夫して時短で美味しく調理しましょう。