【訪問介護】高齢者 やわらかい 食事レシピ

在宅 調理

訪問介護で一人分の調理をしますが、限られた時間で美味しく作りたいですよね!

ベテラン主婦でしたらカンタンだと思いますが、一人分の調理というのは、意識していないと分量を作りすぎてしまいます。

料理が多すぎると飽きてしまうので、作る材料、分量に気を付けていきたいと思います。

高齢者の食事形態の種類

高齢者の食事形態はこのような種類があります。

(参考文献:健康長寿ネット)

常食・・・摂食、嚥下、消化吸収が正常な方用の食事

軟飯(菜)食・・・胃腸が弱い方、咀嚼(そしゃく)機能が低下した方向けの食事

きざみ食・・・咀嚼(そしゃく)機能が低下した方

ミキサー食・・・噛む機能が低下した方、飲み込む機能が低下した方

流動食・・・・手術後や高熱で胃が弱くなった方向け

ソフト食・・・舌で押しつぶせる程度の硬さ

高齢者が食べやすい食品と食べにくい食品

食べやすい食品

・肉団子・ハンバーグ・つくねなど

・ゼリー・水ようかんなど

・シチュー・カレー・コーンポタージュなど

・果物をミキサーにかけたものなど

・ヨーグルト・アイスクリームなど

・茶碗蒸し・プリン・ムースなど

・おかゆ・パンがゆなど

食べにくい食品

・きゅうり・キャベツなど(噛みにくい)・・・きゅうりは切り方を工夫する。
キャベツは良く煮る。

・たけのこ・ごぼう・ふき・セロリなど

・ がんも・はんぺんなど(スポンジ状のものだから)

・弾力の強い 麺類・こんにゃくなど

・ 酢の物・レモンなど

・みそ汁・お茶・水など・・・むせる場合はトロミをつける。

・のり・わかめ・もちなど(口の中に張り付くから)

卵料理で柔らかさを比較すると

厚焼き卵ほどのかたさ・・・ちょっと柔らかめ

だし巻き卵ほどのかたさ・・・お箸でほぐれる かなり柔らかめ

スクランブルエッグ・・・ムース柔らかめ

その人の状態に合わせて調理

高齢者によって状態は全部違います。

高齢者施設では、軟飯(菜)食、きざみ食、ミキサー食など、その人に合わせて提供していますが、

在宅の利用者様は、義歯や歯がなくなって噛みにくいので、「軟飯(菜)食」が多いと思います。

嚥下状態を気を付けて、むせやすいなら、トロミをつけていきたいですね。

噛むことの重要性

「よく噛むことの効果」については、日本訪問歯科協会で、

・よく噛むことは、認知症を予防する効果もある
・加えて、消化促進、むし歯・歯周病・肥満の予防、味覚・発音を向上させる効果もある

と言われています。
柔らかいものばかりでは、健康に良くないのですね。
食べにくい食品は、噛みやすくする必要性があります。
・鶏肉は皮を取り除く
・刺身は筋が無くやわらかいもの
・小骨が少なく骨を取り除きやすいもの
・野菜はできるだけ旬のもの
そのままでは食べにくい食品も、調理の工夫で食べやすくしましょう。

訪問介護で調理している、高齢者やわらかい食事レシピ

・具沢山味噌汁

野菜2~3種類+油揚げ
一人なので材料は少しづつ

・蒸しナスの和え物

ナスにラップをまき、レンジで2分かけると柔らかくなります。
手で裂いてもいいのですが、包丁でスライスして味付け。めんつゆ、すりごまなどで味付け。

 

・ナスみそ炒め、醤油炒め

ナスを薄切りにして、サラダ油で炒め(味噌大さじ半分+砂糖大さじ半分)またはめんつゆで味付け
・揚げだし豆腐
木綿豆腐半分を切って、片栗粉をまぶし、サラダ油を入れて焼く。食べるときにめんつゆをかける。

・卵焼き

卵1個・水大さじ1・砂糖大さじ半分~1
よく混ぜて焼く

・茶わん蒸し

卵 50 g
白だし小さじ1弱
みりん小さじ1弱
水110 ml
材料を全部入れて、泡立てないようにしてよく混ぜます。
卵液を茶こしかざるでこして、マグカップに注ぎ、ラップをふんわりとかぶせ、電子レンジ600Wで15秒
(レンジの機種やマグカップの形などによって加熱時間が変わります。様子を見てやわらかすぎる場合は、追加で30秒加熱

・千切りきゅうりサラダ

きゅうりは大きく切ると噛みにくいので、千切りにして塩でもみ、マヨネーズで味付け。

・ポテトサラダ

ジャガイモ半分をレンジで柔らかくして、皮をむく
マヨネーズで味付け、ハム、きゅうりの薄切り

・キャベツの柔らか煮

キャベツ一枚、大きければ半分を水を入れて弱火で煮る。あれば、ベーコンや油揚げを入れる・
キャベツが透き通るまで煮れば柔らかい。

親子丼・豚丼

・親子丼
・豚丼
どちらも玉ねぎが透き通るまでよく煮ると美味しい
醤油+砂糖+酒 大さじ1づつで味付け

焼き魚

鮭、塩サバ、アジなど

鮭寿司

鮭を焼いて、ほぐし、骨を取ります。

ご飯に、すしのこを混ぜ、ほぐした鮭を混ぜます。

寿司味や焼き鮭が好きな人が多いので、結構、好評です。

※瓶詰などのほぐした鮭より、切り身を焼いてほぐすほうが美味しいです。

鮭をレンジで加熱するのもいいのですが、加熱しすぎると固くて食べられなくなりますので、気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

・柔らかい焼肉

しゃぶしゃぶ用豚肉に片栗粉をまぶして焼く
醤油+砂糖+酒 大さじ1づつでタレを作りかける

調理のポイント

訪問介護で調理するには、

・時間が限られている

・材料は、冷蔵庫にある食材

・調理道具も揃っていない

こんな中でで、調理するので工夫が必要です。

・味を一定にするのは、軽量スプーンを使う。
軽量スプーンがなければ、そのお宅にあるカレースプーンやティースプーンで代用する
・煮物は、ほかの作業中でもできるので、必ず中火か弱火で調理する。
調理道具は厚手の鍋や土鍋がいいのですが、なければフライパンでもOK。

ネットで注文できる宅配サービス

高齢者用のお弁当を注文するなら、このようなサービスがあります。

嚙む力は人によって違いますので、3段階から選べます。

噛む力・飲み込む力が弱くなってきた方へ やわらかい宅配食の『やわらかダイニング』

管理栄養士監修、栄養バランスがいい まごころケア食

糖質制限したい方に、豊富な組合せで飽きずに楽しく続けられる糖質コントロール。

塩分を制限したい方向けに、飽きずに美味しい塩分制限食

『まごころケア食』の強み。管理栄養士が栄養バランスを考えて作った食事を宅配で手軽に楽しめるサービス。
【まごころケア食】送料無料

ワタミの宅食ダイレクト介護食

塩分やカロリーに配慮して管理栄養士が
献立設計した”冷凍惣菜”をご自宅まで宅配便でお届け!

買い物や料理の手間を省きたいとき、家族の食事の作り分けが大変なとき、
急な不在時にも便利に使えます♪「ワタミの宅食ダイレクト介護食」