介護職に転職して失敗した!その理由とは?後悔しないためには?

介護の仕事

介護職は職場にもよりますが、ストレスが多いところもありますよね。

サービス残業が当たり前、有給休暇を取りにくい。劣悪な職場。

職場の人間関係に疲れた・・・・

こんなことが原因で「転職しよう!」と考える人も多いようです。

でも、より良い条件の職場へ転職したつもりが、

実際に仕事をしてみると、思っていた職場ではなかった。

転職した先で壁にぶつかり、「失敗した」と感じて、再び求職することもあります。

介護職員は施設により、地域により、運営会社によって待遇は大きく違います。

あなたの大事な人生の時間を劣悪な環境で使うことなく

充実した働き方ができる職場を見つけませんか?

あなたの働き方に合った職場を探すためには、自分で職探しをするより

アドバイスしてもらうことが必要です。

再び転職に失敗しないように!

介護職への転職を失敗したと感じた理由は?

職場内の人間関係が最悪だった。

仕事の内容や、勤務体制が求人と異なっていた。

想像以上に人手不足で忙しすぎる。

夜勤によって生活リズムの乱れてしまい、つらい。

就職前に職場の雰囲気を知る良い方法はあるでしょうか?

いいことばかり言う施設、事業所は信用しない。
即採用と言われるのは、人材に困っていて人が離れていく職場だと思う。
フィーリング、社内の雰囲気が合うか? 肌で感じるものなので、自分の感覚で。
利用者と職員の表情や、臭いを気にします。
夜勤を避けたいなら、デイサービスや訪問介護を選びます。

介護職への転職を失敗しないためには?

①介護施設は多数ありますので、自分に合った施設形態を選ぶ。

未経験で50代から介護職!
介護の仕事19年続けてきて、介護施設と訪問介護を経験しました。 どちらも一長一短ありますが、私の体験のブログです。 介護士の職場はたくさんあって、経験してみないとわからないことも多いですよね。 少しでもあなたにとってピッタリの職場が見つかれますように。

②複数の施設を比較して検討する。

③施設の人員配置を確認する。

④職員の離職率や勤続年数を調べる。

⑤事前に見学できるかどうかを確認する。
⑥介護業界専門の転職エージェントを活用する。

転職活動が不安に思ったこと。転職してよかったと思うこと

Twitterから:500名を対象にしたアンケート調査で

転職するうえで不安なことは、

・職場に馴染めるか?
・新しい仕事に対応できるか?
・スムーズに転職先が見つかるか?
・収入・待遇がよいか

など不安があったようですが、「転職してよかった理由」は
1位は「収入・待遇がよくなった(138人)」
2位「労働条件が改善された(131人)」
3位「人間関係・雰囲気がよくなった(95人)」
4位「仕事内容が合っている(59人)」
など、年収にして200万円程度、給料があがったとか、福利厚生も良くなったと
転職して良かったという人が多いようです。
現在の職場に満足していない方や、今の職場でストレスが大きい方は、思い切って転職して環境を変えたらどうでしょうか?
マイナビ介護職