【訪問介護】同居家族がいる場合の生活援助(家事代行)はできるの?

味噌汁とかぶのそぼろ煮 在宅 調理

 

訪問介護は主に「身体介護」「生活援助」の2種類ありますが、

「身体介護」は、同居家族の有無とは関係なく利用することができます。

しかし、同居の家族等がいる場合、生活援助(家事代行)はできません。

【訪問介護】の基本的な考え方と、よくある声

料理を作るなら、ついでに息子の分まで作って!

 

訪問介護は、要支援・要介護者に認定された高齢者が、自立した在宅生活を送ることを支援する本人のための介護保険サービスです。

 

ただ、利用者の同居家族等が障害や疾病等の理由により、家事を行うことが困難な場合に作ることはできますが、健康な家族のためには作ることはできません。

 

95歳の高齢者だが、自立しているので介護認定されていません。でも、先日、救急搬送されたことがあるので、身体の状態が心配なので、週3日くらい見守りをお願いしたい。

 

介護認定されていないとできませんので、介護保険を使わない自費のサービスになります。

自費のサービスで、お掃除するために訪問し、体調確認しますね。

 

私は一人暮らしだけど、孫が長期間滞在している場合があるのよね。

家族がいる場合は、調理、洗濯、掃除など介護保険サービスではできません。お孫さんにやっていただいてください。

 

同居しているけど、娘の私は、仕事に行っているから昼食をお願いしたい!

同居家族等が就業等により、日中独居の被保険者に日中、昼食の用意、食事介助など生活援助ができます。

 

介護保険の生活援助の主なサービス内容
・掃除 ・洗濯 ・一般的な食事の準備や調理 ・生活必需品の買い物 ・薬の受け取り ・衣服の整理・補修など

どのサービスをどこまで利用できるかは、各家庭の状況によって異なるため、地域の介護保険課や介護支援専門員(担当ケアマネージャー)などに相談します。

訪問介護では、利用者様と一対一での対応になりますので、ヘルパーは介護保険制度をよく理解していないと、ルールから外れて、介護保険が使えないことになってしまいます。

介護保険制度をしっかり学びましょう。

 介護の資格スクール 無料で資料請求

介護事務の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

無料で一括資料請求ができます。

 

転職を考えているなら

介護 エージェント おすすめ
介護人材が不足していて、さらに32万人必要といわれていますが、現在、介護職で働いている人は、貴重な介護人材です。 この現役介護士が、待遇、給与面で安心して働いている姿で、若い介護人材も育ちます。 介護 エージェント で納得いく職場を探しませんか