徘徊とは言わないで! 言い換えは「ひとり歩き高齢者」「外出中に行方不明になる」など

訪問介護

認知症の人の「徘徊」を、言い換える自治体が増えています。

厚生労働省では、「痴呆」を「認知症」へ変更したときとのような「言い換え」の予定はないといわれていますが、自治体によって「徘徊」と表現することを改める動きが広がっています。

自治体によって「徘徊」と表現することを改める動き

「徘徊」というと「目的もなく、うろうろと歩きまわること」ですが、

「認知症の方の外出は危険」といった誤解や偏見につながる恐れがあるので、「徘徊」という言葉は使わないとされています。

認知症の方の外出の多くは、ご本人なりの目的や理由があって、道が分からなくなって迷ってしまうということが多いようです。

大府市では「徘徊(はいかい)」という言葉を使用しないで、

「ひとり歩き」「外出中に行方不明になる」「ひとり歩き中の事故」等

福岡県大牟田市では、スローガンを、「安心して外出できるまち」へと、言い換えました。

東京都国立市と鳥取県米子市、愛知県大府市と兵庫県川西市は、
「徘徊」の使用を止め、
「外出中に行方不明になる」「ひとり歩きで道に迷う」などと、言い換えています。

認知症症状で、外出する多くの場合

認知症の方は、今自分が居る場所が現在の自分にとってしっくりしないから

「生まれ育った家へ帰りたい」

「以前勤めていた会社へ行きたい」など

自分の居場所を探すための外出ですから、それを邪魔されないようにこっそり出かけます。

記憶障害のため途中で本来の目的を忘れてしまい、また現在地が分からなくなってしまいます。そのままどこか遠方まで行ってしまいます。

昔、鍛えた足で5キロ、10キロと、驚くほど遠方まで歩いて行ってしまうこともあります。

 

施設で勤務していたときも、千葉の施設からタクシー、電車を乗り継いで、東京の多摩方面まで出かけてしまった入居者様がおられました。

警察にもお世話になって、やっと発見、職員が迎えに行ったようでした。

 

事故なく無事に帰ることができたのは良かったのですが、交通事故などに巻き込まれる場合もあるので、認知症の方の外出は見守りが必要です。

施設であれば複数の職員の目がありますが、個人の自宅では、一時も目が離せません。

玄関に設置し出入りがあった際に画像付きメールでお知らせしてくれる見守りカメラが便利です。
インターネットが要らない介護用見守りカメラ【みまもりCUBE】

要介護2以上の方は介護保険が使える場合もあります。

外出が心配な方の玄関に設置し、
「玄関を開けたらメール通知」
または「玄関ドアの前に立ったら検知」の検知設定をします。

玄関前に立つと検知をし
登録済みのメールアドレスに一斉に画像付きメールで送信を行います(最大登録件数6件)

検知メールを確認した後、様子が気になる場合はカメラ専用のページへログインし

ライブ映像または録画映像の確認を行い、

必要であればそのまま会話機能を使い、声掛け(呼びかけ)をしたりする事ができます。


 

施設の入居を考える場合

自宅で介護に限界を感じたとき、相談できるところは

無料入居相談受付中!!【シニアのあんしん相談室】

介護施設は、様々あって、心配な施設もありますよね。

こちらは、都道府県認定の安心・安全な施設のみ厳選して紹介しているので、見学して検討ができます。