施設で認知症が進行している入居者様

施設・認知症進行

施設では、全員、食堂で食事をし、夕食が終わると、すぐ立ち上がって、居室へ帰ろうとする人が多いですね。

健康な人なら、それが普通ですが、認知症で、ご自分の部屋がわからなくて他人の部屋に入って
しまう人がいます。

車いすの人も多いので、職員が一人一人お部屋に送って、お休みケア(歯磨き、、排泄介助、パジャマの着替え)をしています。

そうすると、帰る順番を待っていられなくなるのです。

あるとき、歩行が不安定で、シルバーカーを押している人が、順番を待っていられなくて、怒り出し、 興奮して、シルバーカーを投げつけ、転んでしりもちをついてケガをしたのです。

 

また、別の入居者は、外で転んで頭を強くぶつけたようで、おでこの色が変わり、 その後も、右側に転びやすくなってしまいました。

この人もお休みケアが終わってもまた、食堂に出てきてしまうようになってしまいました。

 

認知症が進むと、生活の基本的なことが分からなくなります。

例えば、トイレの場所、食事の仕方など・・・

トイレが分からなくなって、ゴミ箱に放尿したり、食事を手づかみで食べたり・・

でも、感情だけは残るので「ダメ」などと強く怒ったりしてはいけません。

 

認知症が進むと、家庭で介護していると家族はとてもストレスになりますが、

有料老人ホームでは24時間体制ですから職員が交代で見守ります。

夜勤専門の職員は、このようなことも対応します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました